おはようございます。

週明けの今日、爽やかな朝となりました。

今日からまた一週間のお仕事、楽しみですね!
どんな楽しいお仕事が待っているのだろう~と
ワクワクの毎日を送っております。^^

「和モダン系デザイナーズ協会」代表の桃井智世帆です。

画面下の画像の、漆器は何かの形に似ていると思いませんか?

そうです!
「富士山」!

そして、「富士山」漆器の向こうには、
かの「分とく山」総料理長、
野崎洋光氏がいらっしゃいます。

目の前でお料理を作って頂くという
贅沢をさせていただきました。
(S様、ありがとうございます!)

日本料理は、目で見て美しい
お料理と器のハーモニーで楽しませて頂けます。

蓋を取ると、なんと!
裏側には「紅葉」

この時期だけの特別な器に、うっとり~

お料理は、すまし汁に
お魚と溶き卵です。

(とても美味しかったのですが、
打ち合わせのお話が盛り上がっていて、
正確に何のお魚か伺うのを忘れてしまいました。)

お料理と器の両方で楽しませて頂きましたこと、
有難く、とても感謝しております。

分とく山、富士山お碗

分とく山、椀もの
またも、特別な「獺祭」とともに頂きました。♪