こんばんは。

秋の深まりを感じる今日、いかがお過ごしでしたか?

「和モダン系デザイナーズ協会」代表の桃井智世帆です。

夕方、打ち合わせの為
自由が丘に行きました。

新しくサロンをお借りすることになった
ブティック「Juvi Juvi」2階のセミナールーム

12月1日(日)11:30~13:00に開催する
クリスマス向けの
「特別体験レッスン」

同じ日の15:00からは
フォーマルスタイリストの安藤美和子さんが
「いつものワンピースでドレスアップする3つのひみつ」
セミナーを開催します。

安東さんと、レイアウト、準備時間など
色々と打ち合わせしている間に
フラワーやお料理のお話にも華が咲きました。

今回の特別体験レッスンでご制作戴く
テーブル・フラワーアレンジメント、
それだけで見ると、
派手な色使いは一切ないし、
もしかしたら地味に感じる方もいらっしゃるかも~と
わたし・・・。

でも、ここが安東さんとも一致した意見!

1.テーブルには、他にも色々なアイテムを置きます。

2.クリスマスには、センターピースとして、キャンドルや
ターキーなどの大皿なども

3.そして、お皿に盛るお料理も色とりどりです。

結論:
お花だけで完結しているものより、
他のセンターに置くフィギュアや、お料理のことも考慮して
引き算されたフラワーがとっても映える!

フラワーアレンジメントを単体でみるのではなく、
他のものとのバランスを考慮したフラワーの方が、
全体として美しいテーブルに仕上がります。

これは、スタイリングも同じだと
安東さんから教えて頂きました。

服だけで完結しないこと

アクセサリー他全てのコーディネートを入れても70%に仕上げ、
そこに人の顔が入って初めて、100%になるコーディネートにすること。

テーブルコーディネートとスタイリング、
とても共通点があることを発見しました。

「引き算の美」

「和モダン」だけでなく、
「洋」のフラワーにも必要ですね。^^
クリスマスアレンジメント2013