こんばんは!

今日は抜けるような青空でしたね!

明日は、「クリスマス・テーブルフラワー」特別体験レッスンを
自由が丘サロンで開催するため、
近所のジムで運動した以外は、
最終チェックに、追われていました。

「和モダン系デザイナーズ協会」代表の桃井智世帆です。

1週間前のことになります。

レギュラークラス講座では、「エレガントスタイル」について
インテリア、テーブルコーディネート、色彩学
などをふまえたうえでの、
フラワーアレンジメントを制作して頂きました。

エレガントスタイルの規定に合うフラワーの型について
詳しくイメージに合う言葉などからご説明いたしました。

学んでいくうちに、
「型についてはどうして学ばなくてはならないの?」
「ステキなフラワー、型通りに作られていないものも沢山あるのに」
などの疑問がわいてくると思います。

それについてお答えいたしますね!

フリースタイルが美しく作れるようになるためには
型をきちんととれるように学ぶ基礎が必要なのです。

絵を学ぶのにも、デッサンの基礎を学ぶように、
フラワーも基礎の型がきちんと作れるようになると、

自分なりのデザインを考える時に
美しいラインを出したり、
どこに目線をもっていったりしたらいいのか、

などが分かるようになるのです。

学んでいなくてもフラワーアレンジメントを作ることは出来ますが、

なんだかバラバラな印象でまとまりがない、

ポイントがぼけている、

といったものになりがちです。

講座生の皆様、
最初は型をきちんと作ることにかなり苦戦されていますが、
これが出来るようになると、
どこから見ても美しいアレンジメントを 作れるようになりますよ
とお伝えしております。

ちょっとした投げ入れのフラワーも、
型を勉強したことがある人がやると
格段に美しく見えるのはこういうわけなんですね!

こういった理由で、 レギュラークラス講座では、
スタイル別にフラワーの型をきちんととれるように
勉強して頂いております。^^