2月2日11:00から一般公開の
東京ドームテーブルウェアフェスティバル

一般公開に先立って、朝9:15から開会式があり、
その後でコンテスト入賞者の表彰式が開催されました。

「和モダン系デザイナーズ協会」代表の桃井智世帆です。

開会式には、高円宮久子さまがいらっしゃって、
厳かな雰囲気の中、テープカットが行われました。

その後、場所を移しての「表彰式」

今年から、搬入時間、審査の日程など色々と変更があって、
表彰式の場所も変わりました。

その後のパーティーでは
軽食とお飲物も以前より豪華になっていました。
(が、私たちはドームシティホテル最上階のお店を予約していましたので、
飲み物だけ頂いて、ホテルへ)

コーディネート部門には、前年まではなかった優良賞という賞が出来ていました。

この優良賞を
食空間プロジェクト養成講座で同期だった豊田和子さんと
もう御一方が受賞しました。

「和モダン系デザイナーズ協会」生徒様からは白鳥佳澄さんが入賞!

「佳作」も頂きました。

佳澄さんは、普段はご主人さまの会社のお手伝いの他、
幼いころにかかった風邪の影響で耳の聞こえが不自由になった
次男さんのために手話通訳の勉強をして資格を取ったり、
とても頑張っていらっしゃいます。

海外暮らしが長く、ホームパーティーをするのがお好きだということで、
食空間コーディネートには以前から興味があったとのこと。

コーディネート実践の経験はなかったそうで、
勉強を始めたのは桃井の自宅サロンからだそうです。

○目標を高く掲げることの大切さ

○上手に時間管理

○真っ直ぐな気持ち

佳澄さんには頭の下がる思いです。

佳澄さんと