こんばんは。


今日も日暮れに伴い、冷え込んできました。

暖かい春が待ち遠しく感じられますね。

「和モダン系デザイナーズ協会」代表の桃井智世帆です。

昨日は、食空間コーディネーター必須ともいえるような
「和食器のコーディネート」についての講座を
食空間プロデューサー浜裕子先生の自宅サロンにて
受講しました。
皆様は、和食器について
洋食器よりもコーディネートが難しいと感じませんか?

それもそのはず、和食器は種類が豊富で、
美しい柄と様々な形は見ていて楽しくなります。

その反面、
季節や格付けも考慮して、
コーディネートしないと
ちぐはぐな印象のものになってしまいます。


そういう難しいこともある反面、

器について知識を深めること、
美しい器を見ながら、勉強することは
とても楽しいですよ!

「和の器」でのコーディネートを学ぶことによって、
五節句や季節の行事などの
日本文化の知識を深めることにも繋がります。

そして、現在では、
洋食器とのクロスオーバーの
「和モダン」で楽しむことが出来ます。

きちんとした決まりも理解しつつ、
崩したコーディネートも楽しむことも出来ますね!

家族が笑顔になる
心が和むテーブルコーディネートを作りましょう!

画像の五寸皿は、落合なお子先生の「ブロッサムオブナオコ」で購入しました。
「宝尽くし」というおめでたい柄です。
(コーディネート: 桃井智世帆)

ロゴ入り(桃井テーブル)⑦

*********************************
浜裕子先生の近著「お茶と和菓子のテーブルセッティング」は、
画像も美しく、お菓子やさんの情報も載っています。
季節限定の美しい和菓子と浜先生のテーブルコーディネートを
堪能できます。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4416613253/ref=mp_s_a_1_1?qid=1394531518&sr=8-1&pi=AA64